アロマ長崎・リブレア れんげ草先月30日、長崎市立図書館で開催されたエドガーケイシー探求講座に初参加してきました。
「癒しのオイルテラピー」という本を読んだことがあり、エドガーケイシーが伝えたオイルマッサージってどんなものだったんだろうと興味が湧き、参加させて頂きました。

講師は「エドガーケイシーセンター」の会長であられる光田秀(みつだしげる)先生です。

第一部と第二部に分かれており、一部では、「癒しのオイルテラピー」という題目でひまし油についてと実際にひまし油を使ったオイルマッサージの実技を拝見することができました。
その中で、血液、リンパ、神経の流れを良くするものとして、オイルマッサージと首だしサウナのお話がでました。
頭に強い熱を加えるのは良くないと言われているそうで、頭を出すサウナが良いそうです。

リブレアにあるバレルサウナはまさに首だしサウナなので、お話するととても良いそうで、サウナに入ってからオイルマッサージをするとさらに体液の循環に良いそうです。
他にもとても貴重なお話をたくさんお聞きすることができました。

第二部は「キリストの福音」という題目で旧約、新約聖書のキリストの言葉をエドガーケイシーが深い洞察力で説いたものを光田先生がさらに分かり易く、紐解いてくださり、聖書に対する意識が少し変わりました。

日本エドガーケイシーセンター