アロマ長崎 LIBREA(リブレア) 長崎市風頭町にあるバレルサウナ&アロマ教室。

感情解放セッション

  • HOME »
  • 感情解放セッション

感情を解放するアロマとバッチフラワーのセッション

アロマ長崎リブレアでは、感情開放のためのアロマとバッチフラワーレメディを使ったオリジナルのセッションをご提供しています。
バッチフラワーは、心の平安を取り戻したり、否定的な感情に対処するための癒しのシステムです。

イギリスの医師であり細菌学者であったエドワード・バッチ博士によって1936年に完成されました。
彼は高名な医者でしたが、患者の訴えに耳を傾けるうち、真の病気の原因は感情や心の乱れにあると考え、自身で新しい治療法を模索するようになります。
そして野生の植物に心や感情を癒す不思議な力があることに注目し、長い年月をかけた研究の末、38種類からなるバッチフラワーレメディを完成させました。
現在、イギリスはもとより、世界中で愛用されています。

●医薬品ではありませんが、心や感情に作用します。
バッチフラワーは医薬品のように身体的な病気や病状に直接作用するものではありません。
お花の持つエネルギーが、人々の感情に働きかけ、心のゆがみを整えて、バランスを取り戻す事によって、心身の健康へと導きます。
自分の性格や現在の心の状態をみて、それにふさわしいレメディをとることで感情の乱れを改善する手助けとなります。

●ペットや赤ちゃんからお年寄りまで誰でも使えます。
バッチフラワーにはまったく副作用がありません。
依存症や習慣性もありませんから、他の薬剤や治療法と併用する事ができ、ペット、赤ちゃんからお年寄りまですべての方が安心して飲むことが出来ます。
間違って別のレメディを選んだとしても問題ありません。
日常的なストレスの解消、問題のある性格や習慣を改善するため 気軽にお使いになれます。

【バッチフラワーレメディーの成分】

●バッチフラワーレメディの作用に有効な成分の核となるものは、植物のエネルギーから作られた母液です。
保存料として、主にブランデー、日本では植物性グリセリンが保存料となっているものもあります。
バッチフラワーレメディは、バッチ博士が、人々が自分で自分を癒せるような体系を完成させた、セルフヘルプの商品です。
今、感じる心の状態やもともとの性格や心のクセと指標を照らし合わせ、ふさわしいレメディを選びます。
バッチフラワーレメディは、表面にある感情に対して選ぶので、この時、深層心理を探る必要はありません。
たまねぎの皮むきのように、今、意識できる感情に働きかけ、一枚また一枚と皮がむける度に、本来の自然な自分に、近づいていくことができます。
最多で6、7種類まで、同時に飲用することが出来ます。

※バッチフラワーレメディーの詳細は、リベラシオンのホームページをご覧ください。

対面セッションは、お客さまと直接お会いして、セッションを進めていきます。
初めてで戸惑ったりすることがあるかもしれませんが、お客さまが、日常感じていることをお話して頂ければ大丈夫です。
お話の中から、今の状態にぴったりのエッセンシャルオイルとバッチフラワーレメディーを選んでいきます。

決まりましたら、エッセンシャルオイルロールオンボトル2mlと、バッチフラワーレメディーのトリートメントボトル30mlを作ってお持ち帰り頂きます。
セルフケアとして日常の中でお使いください(使い方もご説明させて頂きます)。
解からないことやご質問などありましたら、アフターフォローも致しますので、お気軽にご相談ください。

アロマテラピーとフラワーレメディはどちらも原料は植物ですが、使われる植物の種類や作り方、その中味、また歴史は全く違っています。

アロマテラピーに使われる精油(エッセンシャルオイル)は、芳香植物から香りの成分を抽出しており、その有効成分を嗅覚や皮膚から吸収して、脳や皮膚・全身(血流やリンパ)に行き渡らせ、心身に働きかけていきます。
一般的な使い方は、精油を口から飲むということはありません。
アロマセラピーは、人間の持つ嗅覚に直接香りが届くことで、何だか気分が良くなった、トリートメントしてもらうと体が楽になったなど、医学的、科学的な説明が少なくても、理解しやすいかもしれません。

一方、バッチフラワーレメディは、お花のエネルギーを取り出して、水に転写し、直接飲むことで、そのエネルギーを体に取り入れることになります。
香りもありませんし、精油のように植物の有効成分は認められませんので、医学的・科学的な説明は困難(物質を作っているとても小さな素粒子が持っているエネルギー< 振動数>)ですし、私も勉強中ですのでうまく説明できません。ですが飲むことにより肉体からではなく、目には見えない感情を癒し、感情が癒されることで、それが原因で引き起こされている心や体の症状に対して、バランスを整え、健康な状態に戻していくというものです。


一つだけ、アロマにもバッチにも共通する植物がありましたので、その使い方の違いをご紹介します。

「ワイルドローズ」(学名 Rosa canina)という植物は、西洋野ばらのことで、その種子から抽出され、アロマセラピーーでは、精油を希釈したり、美容オイルとして働きかける栄養価の高いローズヒップという植物オイルとして使用され、新陳代謝を活発にし、組織の損傷を回復して保護するといった働きが期待できます。ハーブティーは、ビタミンCが豊富な美容に良いお茶となります。

バッチフラワーのワイルドローズレメディは、無力感やあきらめといった感情を持っている人に対して、やる気や意欲を取り戻し「人生は楽しい」と思えるようにさせてくれます。
アロマで使用する「ワイルドローズ」が肉体に対する働きかけが大きいのに対して、バッチの「ワイルドローズ」は、物理的な効果ではなく、精神面や感情に働きかけることができるのです。

アロマとバッチの違い

セッション料金

対面セッション
セッション料金 ¥3,000+税
トリートメントボトル(30ml) ¥750
合計 ¥3,000+税+¥750
遮光ボトルをご持参された場合はボトル代¥750を割引させていただきます。

バッチフラワーに関する動画です、ご参考にされてください。

お気軽にお問い合わせください TEL 080-5242-6940 営業時間11:00~17:00(定休日:不定休)

お電話でのお問い合わせ


TEL : 080-5242-6940
営業時間11:00~17:00(定休日:不定休)

アロマ長崎LIBREAの
カレンダー

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

グリーン:ご予約可能日
オレンジ:ご予約済
ピンク:香りのワークショップ

 

 

  • facebook

PAGETOP
Copyright © アロマ長崎-librea All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.